体脂肪率

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、人の体の中の脂肪が占めている度合いを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で求めることができます。
「肝機能の衰退」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の数値でモニタリングできますが、ここ数年の間に肝機能が衰退している国民の数が増加傾向にあるということが分かっています。
シルバー世代の人や慢性病を患っている方などは、特に肺炎を起こしやすく治療が長引く特徴があるため、常日頃の予防や早めの手当が必要です。
普通なら骨折しない程度の僅かな圧力でも、骨の同じ部分だけに何度も繰り返して続けて力が加わってしまうことにより、骨折が生じてしまうことがあるので注意が必要です。
内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断されて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2~3個に一致する健康状態を、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼んでいます。
ビタミンB6には、多種多様なアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を燃やすために必要となる回路に組み込むため、再びクラッキングすることを助けるという動きもあるのです。
体を動かすのに必要なエネルギーの源として速攻で役立つ糖質、人の細胞の新陳代謝に必須のタンパク質など、無理な痩身ではこの2種類に代表される様々な活動をキープするために外すことのできない重要な栄養分までも減らしてしまう。
気分障害のうつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、不眠、気分の落ち込み、著しい倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの様々な症状が2週間以上続きます。
20~30才代で更年期がやってくるとすれば、医学用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気にあてはまります(我が国の場合は40才以下の女性が閉経するケースをPOFと定義付けています)。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常が原因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる素因としてはアンドロゲンと女性ホルモンの均衡の崩れやビタミンB群の慢性的な枯渇などが大きいと言われています。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経の調節や痛みの制御、あらゆる覚醒現象などを操作しており、気分障害(鬱病)の方ではその力が低下していることが証明されている。
毎日の折り目正しい生活の保持、暴飲暴食を控えること、楽しい運動やスポーツ等、一見アナログともいえる健康に対する配慮が皮膚のアンチエイジングにも役立つといえます。
杉花粉症などの緒症状(水っぱな、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、そのために慢性の睡眠不足になり、次の日の諸活動に悪い影響を与えるかもしれないのです。
肝臓を健やかに保持するためには、肝臓の解毒作用が低下しないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング対策を開始することが有効だと考えられます。
エイズというのはヒト免疫不全ウイルスの感染によって罹患するウイルス感染症の病名であり、免疫不全へと至り些細な病原体による日和見感染やがんなどを併発する病状全般を称しています。